MONOZUKURI HARDWARE CUP 2021参加者募集!2021年1月15日まで参加申込受付!

モノづくり起業推進協議会は、日本のハードウェア・スタートアップのグローバル展開への登竜門として、ピッチコンテスト「Monozukuri Hardware Cup 2021」を2021年2月26日(金)に京都リサーチパークにて開催いたします。本コンテストは、米国ピッツバーグ市(ペンシルベニア州)で2021年春に開催予定の「Hardware Cup 2021 Finals」の「日本予選」の位置付けで、プレゼンテーションや質疑応答などをすべて英語で実施いたします。本コンテストへの参加をご希望される方は、下記フォームよりエントリーされますようお願いいたします。 ■応募要項 ■応募フォーム 昨今、日本の誇る「モノづくり」のノウハウを生かして、新しいビジネスを生み出す「スタートアップ(起業)」を推進していく機運が高まっています。「モノづくり」による起業の推進と普及啓発するために、2016年9月に「モノづくり起業 推進協議会」を発足し、これまで東京都や京都市と組んだモノづくり起業家教育プログラムの実施などを手がけてきました。また2017年から「Monozukuri Hardware Cup」を開催しており、過去3回とも30社程度のハードウェアのスタートアップがエントリーする日本最大規模のピッチコンテストとなっています。 日本予選で選ばれた8社のスタートアップが一堂に会してプレゼンテーションを行い、米国ピッツバーグで開催される「Hardware Cup Finals」(本戦)への参加権を競い合います。過去の登壇者からは数億円規模の資金調達を行い、グローバル展開する企業も出ており、まさに日本のハードウェア・スタートアップの登竜門になりつつあります。また上位3チームに関しては、本戦への渡航費等のサポートをしており、海外のエコシステムにふれる機会を設けております。 これまでのMonozukuri Hardware Cupや、同時に開催された米国スタートアップ・エコシステム視察ツアーの詳細については、以下のブログに掲載されているレポートをご覧ください。 Monozukuri Hardware Cup: http://monozukuri-startup.jp/hardwarecup/ 応募要項をご参照のうえ多くの方の参加(スタートアップ)をお待ちしております。 ■応募要項 ■応募フォーム

ハードウェアで世界へ! 日本予選の締切迫る!〜登壇スタートアップには交通費を補助、優勝副賞は30万円〜

モノづくり起業 推進協議会(会長:牧野成将、株式会社 Darma Tech Labs代表取締役(Makers Boot Camp運営会社)、以下「本協議会」)は、ハードウェアを開発するスタートアップ向けピッチコンテスト「Monozukuri Hardware Cup 2020」(以下「本コンテスト」)の応募締切が12月31日に迫っていることをお伝えします。 応募ページ:https://hardwarecup.monozukuri-startup.jp/apply/(締切:2019年12月31日23時59分) 本コンテストは、「International Hardware Cup 2020 Finals」の出場権をかけた日本予選です。本コンテストの優勝者には、米ピッツバーグでおこなわれる「International Hardware Cup 2020 Finals」へのピッチ登壇権が与えられ、2位と3位は、Hardware Cup 2019 Finals 開催期間のブース展示と、投資家との面談に参加できます。また米国への渡航費の一部として、優勝者には日本→ピッツバーグ(米ニューヨーク経由)の旅費補助として30万円が、2位と3位への入賞者には、旅費補助(2位20万円、3位10万円)が贈られます。2月13日に登壇するスタートアップは、1社につき一律3万円の交通費補助が提供されます engawa…

ハードウェア専門のピッチ世界大会の日本予選の締切迫る!〜優勝副賞は30万円〜

モノづくり起業 推進協議会(会長:牧野成将、株式会社 Darma Tech Labs代表取締役(Makers Boot Camp運営会社)、以下「本協議会」)は、ハードウェアを開発するスタートアップ向けピッチコンテスト「Monozukuri Hardware Cup 2020」(以下「本コンテスト」)の参加締切が12月31日に迫っていることをお伝えします。同時に、上位入賞者への副賞と、日本予選参加者への交通費補助を決定しました。Kyoto Makers Garage(京都市、京都リサーチパーク、京都高度技術研究所、Darma Tech Labsが共同運営)との共催で、2020年2月13日(木)に京都リサーチパーク(京都市)にて開催する本コンテストは「International Hardware Cup 2020 Finals」の日本地区予選として昨年に引き続き4回目の開催になります。過去3回は大阪市で開催しておりましたが、今回は初めての京都市での開催となります。 また翌日の2月14日(金)には、電通が京都にオープンした事業共創拠点「engawa KYOTO」に場所を移し、ハードウェアスタートアップが成長するために不可欠な、投資家やスポンサー企業とのメンタリングや、技術相談会などを提供する予定です。 Monozukuri Hardware Cup 2019の授賞式 engawa…

ハードウェアスタートアップが競う”Monozukuri Hardware Cup”、4年目の2020年は京都で初開催

モノづくり起業 推進協議会は、ハードウェアを開発するスタートアップ企業によるピッチコンテスト「Monozukuri Hardware Cup 2020」をKyoto Makers Garage(京都市、京都リサーチパーク、京都高度技術研究所、Darma Tech Labsが共同運営)との共催で、2020年2月13日(木)に京都リサーチパーク(京都市)にて開催することをお知らせします。このコンテストは2015年から米国ピッツバーグにておこなわれている「Hardware Cup Finals」の日本地区予選として2017年から開催されてきたものです。4回目の開催になる2020年は初めて、京都での開催になります。

Monozukuri Hardware Cup 2019 世界大会へ挑戦するハードウェアベンチャー8社が決定!

モノづくり起業 推進協議会(会長:牧野成将、株式会社 Darma Tech Labs 代表取締役)は、ハードウェアを開発するベンチャー企業によるピッチコンテスト「Monozukuri Hardware Cup 2019」へ登壇する8社を書類選考により選出し、同時に本コンテスト審査員の決定をお知らせします。

ハードウェアスタートアップの世界への登竜門の締切迫る!〜優勝副賞は30万円〜

モノづくり起業 推進協議会(会長:牧野成将、株式会社 Darma Tech Labs代表取締役(Makers Boot Camp運営会社)、以下「本協議会」)は、ハードウェアを開発するスタートアップ向けピッチコンテスト「Monozukuri Hardware Cup 2019」(以下「本コンテスト」)の参加締切が12月31日に迫っていることをお伝えします。同時に、上位入賞者への副賞と、日本予選参加者への交通費補助を決定しました。

世界大会へ挑戦するハードウェアベンチャーが集合する”Monozukuri Hardware Cup 2019″の参加受付を開始!

モノづくり起業 推進協議会は、ハードウェアを開発するベンチャー企業によるピッチコンテスト「Monozukuri Hardware Cup 2019」を「国際イノベーション会議 Hack Osaka 2019」との共催で、2019年3月13日(水)にグランフロント大阪(大阪市)にて開催することをお知らせします。このコンテストは2015年から米国 ピッツバーグにておこなわれている「Hardware Cup Finals」の日本地区予選として2017年度から大阪にて開催されており、今回で3回目となります。11月には2018年の日本大会の優勝者によるプレゼンテーションや、応募を検討している人に向けた説明会を東京で開催いたします。

“Monozukuri Hardware Cup 2018″、世界大会へ挑戦するハードウェアベンチャー8社選出!

モノづくり起業 推進協議会は、ハードウェアを開発するベンチャー企業によるピッチコンテス ト「Monozukuri Hardware Cup 2018」へ登壇する8社を書類選考により選出し、同時に本コンテスト審査員の決定をお知らせします。本コンテスト翌日には、エンジェル投資家と本コンテスト参加スタートアップとの公開マッチングイベントを京都にて開催します。

世界的ビジネスピッチ大会の日本予選、12/31の締切迫る!〜優勝の副賞は30万円とアメリカへの往復航空券〜

モノづくり起業 推進協議会は、ハードウェアを開発するスタートアップ向けピッチコンテスト「Monozukuri Hardware Cup 2018」の参加締切が12月31日に迫っていることをお伝えします。同時に、上位入賞者への副賞と書類通過者へは参加交通費補助として一律3万円を支給することも決定したことをお知らせします。「国際イノベーション会議 Hack Osaka 2018」との共催で、2018年2月27日(火)にグランフロント大阪(大阪市)にて開催する本コンテストは「Hardware Cup 2018 Final」の日本地区予選として昨年に引き続き2回目の開催になります。

三条ものづくり学校の「燕三条×ものづくりセミナー」で牧野会長が講演

モノづくり起業 推進協議会は三条ものづくり学校が主催する「燕三条×ものづくりセミナー」に協力します。本協議会の牧野成将会長が、2017年12月8日(金)に新潟県三条市で開催されるワークショップ形式のセミナー「Beyond Monozukuri ーこれからのモノづくりを考えるより」で講演します。