MONOZUKURI HARDWARE CUP 2021参加者募集!2021年1月15日まで参加申込受付!

モノづくり起業推進協議会は、日本のハードウェア・スタートアップのグローバル展開への登竜門として、ピッチコンテスト「Monozukuri Hardware Cup 2021」を2021年2月26日(金)に京都リサーチパークにて開催いたします。本コンテストは、米国ピッツバーグ市(ペンシルベニア州)で2021年春に開催予定の「Hardware Cup 2021 Finals」の「日本予選」の位置付けで、プレゼンテーションや質疑応答などをすべて英語で実施いたします。本コンテストへの参加をご希望される方は、下記フォームよりエントリーされますようお願いいたします。 ■応募要項 ■応募フォーム 昨今、日本の誇る「モノづくり」のノウハウを生かして、新しいビジネスを生み出す「スタートアップ(起業)」を推進していく機運が高まっています。「モノづくり」による起業の推進と普及啓発するために、2016年9月に「モノづくり起業 推進協議会」を発足し、これまで東京都や京都市と組んだモノづくり起業家教育プログラムの実施などを手がけてきました。また2017年から「Monozukuri Hardware Cup」を開催しており、過去3回とも30社程度のハードウェアのスタートアップがエントリーする日本最大規模のピッチコンテストとなっています。 日本予選で選ばれた8社のスタートアップが一堂に会してプレゼンテーションを行い、米国ピッツバーグで開催される「Hardware Cup Finals」(本戦)への参加権を競い合います。過去の登壇者からは数億円規模の資金調達を行い、グローバル展開する企業も出ており、まさに日本のハードウェア・スタートアップの登竜門になりつつあります。また上位3チームに関しては、本戦への渡航費等のサポートをしており、海外のエコシステムにふれる機会を設けております。 これまでのMonozukuri Hardware Cupや、同時に開催された米国スタートアップ・エコシステム視察ツアーの詳細については、以下のブログに掲載されているレポートをご覧ください。 Monozukuri Hardware Cup: http://monozukuri-startup.jp/hardwarecup/ 応募要項をご参照のうえ多くの方の参加(スタートアップ)をお待ちしております。 ■応募要項 ■応募フォーム