"Monozukuri Hardware Cup 2018"、世界大会へ挑戦するハードウェアベンチャー8社選出!

モノづくり起業 推進協議会は、ハードウェアを開発するベンチャー企業によるピッチコンテス ト「Monozukuri Hardware Cup 2018」へ登壇する8社を書類選考により選出し、同時に本コンテスト審査員の決定をお知らせします。本コンテスト翌日には、エンジェル投資家と本コンテスト参加スタートアップとの公開マッチングイベントを京都にて開催します。

投稿日:

世界的ビジネスピッチ大会の日本予選、12/31の締切迫る!〜優勝の副賞は30万円とアメリカへの往復航空券〜

モノづくり起業 推進協議会は、ハードウェアを開発するスタートアップ向けピッチコンテスト「Monozukuri Hardware Cup 2018」の参加締切が12月31日に迫っていることをお伝えします。同時に、上位入賞者への副賞と書類通過者へは参加交通費補助として一律3万円を支給することも決定したことをお知らせします。「国際イノベーション会議 Hack Osaka 2018」との共催で、2018年2月27日(火)にグランフロント大阪(大阪市)にて開催する本コンテストは「Hardware Cup 2018 Final」の日本地区予選として昨年に引き続き2回目の開催になります。

投稿日:

三条ものづくり学校の「燕三条×ものづくりセミナー」で牧野会長が講演

モノづくり起業 推進協議会は三条ものづくり学校が主催する「燕三条×ものづくりセミナー」に協力します。本協議会の牧野成将会長が、2017年12月8日(金)に新潟県三条市で開催されるワークショップ形式のセミナー「Beyond Monozukuri ーこれからのモノづくりを考えるより」で講演します。

投稿日:

世界大会へ挑戦するハードウェアベンチャーが集合! "Monozukuri Hardware CUP 2018"の参加受付を開始!

モノづくり起業 推進協議会(会長:牧野成将、株式会社 Darma Tech Labs代表取締役(Makers Boot Camp運営会社)、以下「本協議会」)は、ハードウェアを開発するベンチャー企業によるピッチコンテスト「Monozukuri Hardware Cup 2018」の参加受付を開始しました。

投稿日:

世界大会へ挑戦するハードウェアベンチャーが集合! 「Monozukuri Hardware Cup 2018」開催

モノづくり起業 推進協議会は、ハードウェアを開発するベンチャー企業によるピッチコンテスト「Monozukuri Hardware Cup 2018」 を、2018年2月27日(火)にグランフロント大阪(大阪市)にて開催します。このコンテストは2015年から米国ピッツバーグにて開催されている「Hardware Cup Final」の日本地区予選として開催されます。昨年度に引き続き、阪急電鉄株式会社が今年度も協賛として参加することが決定しており、今後も協賛企業は増えていく予定です。

投稿日:

米国モノづくりスタートアップ視察ツアー報告会を開催します(東京 & 大阪)

モノづくり起業 推進協議会は、米国のモノづくりスタートアップ・エコシステムの視察ツアー報告会を、東京で7月25日、大阪で8月2日に、それぞれ開催します。米国視察ツアーは、本年4月17日から4月20日にかけて開催されました。参加メンバーは米国東海岸の2つの都市(ニューヨークとピッツバーグ)を訪問し、ハードウェア・スタートアップの育成や成長をサポートする、インキュベーション施設やアクセラレーター・プログラムのリーダーや、地方自治体の担当者などに話を伺いました。

投稿日:

次世代モノづくり起業家育成のための活動を推進、5月開講の"Tokyo IoT Monozukuri College 2017"に全面協力

モノづくり起業 推進協議会は、2017年5月27日(土)より東京都の創業支援施設である「Startup Hub Tokyo」にて開催される「Tokyo IoT Monozukuri College 2017」に全面協力します。本協議会の会長であるMakers Boot Camp(運営:株式会社Darma Tech Labs)の牧野成将代表取締役がビジネスメンターとして、本協議会の会員企業である株式会社 CAMI&Co.の神谷雅史代表取締役が技術メンターとして、それぞれ本プログラムに参加する起業家の育成に携わります。

投稿日:

ピッチコンテスト「Hardware Cup 2017」の世界決勝に出場する日本チームが決定、米東海岸のスタートアップ・エコシステムを体験する企画を同時開催

モノづくり起業 推進協議会は、2017年4月19日に米ピッツバーグで開催されるハードウェア・スタートアップ向けピッチコンテストの世界決勝大会「Hardware Cup 2017」に日本代表として参加するスタートアップ企業を選出しました。決勝のピッチコンテストに参加するのは、網膜走査型レーザアイウェアの製造販売を手がける「QDレーザ」。また決勝大会にあわせて開催される日本ブースでの製品展示と、投資家との面談にはQDレーザに加えて、「PLENGoer Robotics」と「VAQSO」の2社が参加します。

投稿日:

ピッチコンテスト「Hardware Cup 2017」日本予選に進出する8社が決定、ピッツバーグの世界決勝やニューヨークの「Monozukuri Demo Day」視察ツアーを4月に開催へ

モノづくり起業 推進協議会は、2017年2月9日に大阪で開催するハードウェア・スタートアップ向けピッチコンテスト「Monozukuri Hardware Cup 2017」に参加する8社を書類選考の上で選出しました。ピッチコンテストで優勝したチームは、4月19日(予定)に米ピッツバーグで開催される世界決勝大会「Hardware Cup 2017」に日本代表として参加し、全米7地域や韓国、カナダなどで勝ち上がった地区代表のスタートアップとしのぎを削ります

投稿日:

日本のハードウェア・スタートアップを世界へ! ピッチコンテスト「Monozukuri Hardware Cup 2017」を2月に開催

モノづくり起業 推進協議会(会長: 牧野成将)は、ハードウェアを開発するスタートアップ企業によるピッチコンテスト「Monozukuri Hardware Cup 2017」を、「国際イノベーション会議Hack Osaka 2017」の会場協賛のもと、2017年2月9日(木)にグランフロント大阪(大阪市)にて開催します

投稿日: